2019年11月12日火曜日

SA型のZを洗ってみる

週末は所用が有ってサブロクGPも参加できず・・・・
ま、しかしSA型Z360保存作業はしています。
引き上げたZは固着した右フロントブレーキのパネルをギアプーラーで外して、剥がれて重なっていたシューを外しました。

押し引き出来るように成ったので、まずは洗車。

Before ボディーは指で擦ると跡が付く状態 エンジンはドロドロ。


じゃばじゃば水洗いしてエンジンルームも高圧洗浄・・・・そして日干し。

After ボディーの艶も少しは出て、エンジンは触る気に成りましたね。


既にプラグホールから油垂らしてあります。オイルも綺麗なのが入っていました。ただ、ガソリンタンクからはあの香りが・・・・
燃料系が怖い・・・・

2019年11月8日金曜日

色々壊れて直す

ある日、ガレージ側のスピーカー片チャンネルが鳴っていないのに気が付く・・・・ジャックの接触不良かと抜き差ししても治らないので、スピーカーを壁から外して導通チェックすると抵抗が無限大。単体で検査しても同様なのでスピーカー本体のコイルが切れてしまったようです。

先日の部品交換会でちょうど10cmスピーカーユニット二個が有ったので入手。ケンウッド製ですね。無名スピーカーから左右とも交換して終了。

ブランド製なのでちょっと音が良くなった気もします。

次は対策改良改善を行ってきた愛用のフレンチプレスですが、先日手が滑って割れてしまいました・・・・

BODUMからリペア用のビーカー入手、と金属インシュロックを用意して・・・

修理完了。

はてさて、CBやZと同じでオリジナルで使っている部分は何処・・・・と聞かれても・・・・・・

2019年11月5日火曜日

LOLA T90

文化の日振り替え休日の4日は大磯のエクスチェンジマートにお出かけ。
めぼしい物もなく、収穫はFactoryのガレージ側のスピーカーが鳴らなくなっていたのでドライブを購入のみ・・・・

そこに来てたのがLOLA T90片山右京車!!1990年のF3000ですね。
転がし用にバイクホイールですが・・・・



30年前のレーシングカーのコックピットはシンプルです。


値段は付いていませんでしたが売り物だったのかしら・・・・

クラシックカー ミーティング イン 山梨に行ってきました

11/3に道の駅富士川で開催された、「クラシックカー ミーティング イン 山梨」にホンダZ三台で行ってきました。
集合場所からR20の下道で向かいます。

大月-勝沼間は台風20号の影響で通行止めの代替として中央高速が無料なのでこれを利用。おかげで楽が出来ました。

現地には8時半前に到着。


久しぶりの方等々お会いできて談笑。その中でマツダR360に4人乗車体験・・・・


後ろに座ったのですが、ほぼ体育座りで頭が屋根に当たるので傾げてないといけません。前の席もキツキツ!!でも超楽しい♬

会場にはこんな車達が来てました・・・





当初雨が降る予報で早めに帰るつもりでしたが、天気ももちそうだったのでイベント終了まで堪能。帰りも同じルートで帰宅しました。
丁度山梨県から神奈川県に入ったころ・・・・・

44,444.4km!!
三年前のこのイベントの帰りに丁度40,000kmでしたっけ。走行は年間1500km弱ですね。

エンジンオーバーホール前から出ていたのですが、エンジンが温まると急にタペット音の様な異音が出るので、このイベントに行く前日までカムカバー外して色々チェックしてました。


温まるとリテーナーとかカムがどこかに当るのではと色々チェックしましたが原因掴めず、治らないまま行ってきました。もう一回ばらさないとダメかなぁ・・・


2019年11月1日金曜日

CD90タンクサイドカバー再メッキ

以前ガバナー誤組みでエンジンが掛からなかったCD90の方がタンクサイドカバーとバッテリーカバーを再メッキしたいとのご依頼。なんと1週間で仕上げてくれました。発注した工場ではバイクのフェンダーを沢山バフ掛けしていました。

Befor・・・食べ残しの秋刀魚の頭に見えますね・・・

After・・・ビカビカに成りました♪

ここを綺麗にすると見栄えが違うでしょうね!!

2019年10月30日水曜日

SAのZが来た

会社員時代の友人から連絡が有り、住まいの近所の解体屋にホンダZが置いてあるとの情報。見に行ったところSA型の水冷で、聞いたところ倉庫に置いてあったそうで塗装はやれていますがボディーの程度もそこそこ。書類もあるとの事でしたので譲って頂くことにしました。
そして本日搬出。タイヤはつぶれていたので先日車検用に用意したタイヤセット持参して交換です。

ローダーに乗せるときはフォークリフトで乗せたため気が付きませんでしたが、右フロントブレーキ固着。台車に乗せてガレージに搬入です。
グレードはGSSなのでツインキャブ5速モデルですね。

車検は15年まで有った様です・・・・15年以上前か・・・・

70年式空冷Z(N360)と74年式水冷Z(SA)が並びました。2年前と似た光景・・・以前よりだいぶ散らかってますが・・・


さて、これから色々やらなくちゃね!!


2019年10月18日金曜日

ドライなシルバー(アサヒビールに非ず)

Zはすったもんだ有りましたが、車検に通ってひと段落。

さて、やりかけだった事の続き。前回、CBのカバー類軽量化しましたが、実はさらにオルタネーターのドライ化もしたかったのです。CBのオルタネーターはオイル漬けで、タイミングを確認しようとするとオイルが垂れてしまいます。ですのでタイミングライトで確認する事など出来ませんでした。
うちのCBはセルを排除していて、その為のワンウエイクラッチも外しているのでローターとケース間に余裕が有ります。
そこにオイルシールを取り付けたプレートを挟み込んでドライにしようという企みです。

と言う訳でアルミ板をざっくり切り出して穴開け。

プレートの厚みの分カバーのオルタネータコイルの取り付け部を下げるために削ります。

ここではたと気が付きます。5㎜のアルミ板で作ったつもりですが、板厚が8㎜で作ってしまいました!!
オルタネーターの取り付け部はこれ以上削ることは出来ません。プレートを5㎜で作り直そうかと思案していました。そこにCMファクトリーの社長登場。両面1.5㎜づつ削ればいいんでしょ。やりますよ・・・・うわっありがたやありがたや。と言う訳でお願い。
出来上がったプレートの外形を整えて、オイルシール挿入。フライスの削り跡が綺麗です♪

早速スペアエンジンに取り付けてみます。
プレート

ローター

カバー

良いんじゃないでしょうか。